大井町眼科的介绍

院長 愛新覚羅 維

院长的致辞

ご挨拶大家好,我是大井町眼科院长爱新觉罗 维。我于2007年毕业于名古屋大学医学部医学科。2007年至2009年在东京大学医学部附属病院接受两年初期临床研修之后,2009年开始在东京大学医学部附属病院眼科工作。在临床进修的同时,我还在东京大学医学系研究科大学院对角膜领域进行深入研究,在2017年以『角膜胶原交联治疗』的课题,取得东京大学医学博士学位。2017年起在东京大学医学部附属病院关联的东京逓信病院工作一年之后,2018年就任为大井町眼科院长。相信我丰富的临床经验能给每一位患者提供最佳的医疗服务。依据您的需求,我可以用日文,英文或中文为您详细的诊疗和讲解。

大井町眼科拥有宽敞的候诊室,视力检查室,诊疗室,先进的视野检查机(Humphrey Field Analyzer)、眼底照相机,眼底光学相干断层扫描仪(optical coherence tomography:OCT)等各种精密检查仪器,激光装置,广泛应对各种疾病的精密检查和治疗。大井町眼科年中无休(大井町atre 闭馆日除外),我们随时恭候您的光临,竭诚为您服务。

略歴

2007年 名古屋大学医学部医学科毕业
2007年 東京大学医学部附属病院初期临床研修
2009年 東京大学医学部附属病院眼科
2017年 東京大学医学系研究科外科学专业 医学博士课程毕业
2017年 東京逓信病院眼科
2018年 大井町眼科院長,新宿眼睑下垂中心总负责人

院长的学位・資格

  • 东京大学医学博士
  • 日本眼科学会认定眼科专科医师
  • 疑难病指定医师
  • 角膜环手术认定资格医师
  • 角膜塑形镜(OK镜)认定资格医师
  • 肉毒杆菌毒素(Botox)注射療法认定资格医师
  • 美容用肉毒杆菌毒素(Botox Vista)注射认定资格医师

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 日本角膜移植学会
  • 日本白内障屈光矫正手术学会(JSCRS)
  • 美国白内障屈光矫正手术学会(ASCRS)
  • 欧州白内障屈光矫正手术学会(ESCRS)
  • 亚洲太平洋白内障屈光矫正手术学会(APACRS)

治疗内容

治疗内容

近视,假性近视,远视,斜视,弱视,角膜炎,圆锥角膜等角膜变形疾患,干眼症,眼睛疲劳,过敏性结膜炎,花粉症,流泪症,泪管狭窄,胗眼,白内障,青光眼,眼睑痉挛,面部痉挛,眼睑下垂症,虹膜炎,飞蚊症,糖尿病网膜症,高血压网膜症,黄斑变性,视网膜裂孔,视网膜剥离等

治疗
  • 高速低出血的炭酸激光刀眼睑下垂症手术
  • 针对圆锥角膜等角膜变形疾患的角膜胶原交联手术
  • 白内障手术
  • 针对视网膜裂孔,糖尿病网膜症的激光治疗
  • 针对加齢黄斑変性、糖尿病性黄斑浮腫的玻璃体注射
  • 针对眼睑痉挛,面部痉挛的肉毒杆菌毒素注射
  • 美容・除皱肉毒杆菌毒素注射(非保险診療)

院长的获奖经历

亚洲太平洋白内障屈折矯正手術学会(Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons APACRS) annual meeting 2016、学会最優秀讲演奖 Wei Aixinjueluo, Tomohiko Usui, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Satoru Yamagami.「Transepithelial Corneal Crosslinking for Progressive Keratoconus: Clinical Results of 24 Months」、2016.7.2 印尼・巴厘岛

  • 受賞歴
  • 受賞歴

院长的研究业绩

论文
  1. Aixinjueluo W, Furukawa K, Zhang Q, Hamamura K, Tokuda N, Yoshida S, Ueda R, Furukawa K. Mechanisms for the apoptosis of small cell lung cancer cells induced by anti-GD2 monoclonal antibodies: roles of anoikis. J Biol Chem. 2005 Aug 19;280(33):29828-36
  2. Aixinjueluo W, Usui T, Miyai T, Toyono T, Sakisaka T, Yamagami S. Accelerated transepithelial corneal crosslinking for progressive keratoconus: a prospective study of 12 months. British Journal of Ophthalmol. 2017 Sep;101(9):1244-1249. Epub 2017 Jan 5.
  3. Aixinjueluo W, Usui T, Miyai T, Toyono T, Sakisaka T, Yamagami S. Accelerated transepithelial corneal crosslinking for progressive keratoconus: a prospective study of 12 months. British Journal of Ophthalmol. 2017 Sep;101(9):1244-1249. Epub 2017 Jan 5.
  4. Furukawa K, Aixinjueluo W, Kasama T, Ohkawa Y, Yoshihara M, Ohmi Y, Tajima O, Suzumura A, Kittaka D, Furukawa K. Disruption of GM2/GD2 synthase gene resulted in overt expression of 9-O-acetyl GD3 irrespective of Tis21. Journal of Neurochemistry. 105(3): 1057-1066, 2008.
  5. Mimura T, Usui T, Mori M, Aixinjueluo W, Funatsu H, Noma H, Amano S. Immunochromatographic assay for measurement of total IgE in tears, nasal mucus, and saliva of patients with allergic rhinoconjunctivitis. J Asthma. 2010 Dec;47(10):1153-60.
  6. Mimura FT, Usui T, Mori M, Funatsu H, Noma H, Aixinjueluo W, Yamamoto H, Amano S.Rapid immunochromatography of total tear immunoglobulin E in allergic conjunctivitis with Allerwatch. J Investig Allergol Clin Immunol. 2010;20(7):627-8.
  7. Mimura T, Usui T, Mori M, Funatsu H, Noma H, Yamamoto H, Aixinjueluo W, Amano S. Relation between total tear IgE and specific serum IgE in seasonal allergic conjunctivitis. Cornea. 2011 Jul;30(7):790-5.
  8. Mimura T, Usui T, Mori M, Funatsu H, Noma H, Yamamoto H, Aixinjueluo W, Amano S. Relationship between total tear and serum IgE in allergic conjunctivitis. Int Arch Allergy Immunol. 2011;154(4):349-52.
  9. 愛新覚羅維、三嶋弘一、唐川綾子、相原一「長期的な外傷性低眼圧症に対して低侵襲小切開経強膜毛様体縫合術が奏効した1例」、『臨床眼科』66巻7号P.1045-1051 (2012.07)
  10. 愛新覚羅維、蕪城俊克、臼井智彦、天野史郎「妊娠中に発症したVogt・小柳・原田病に対してステロイドパルス療法を行った症例」、『眼科臨床紀要』5巻10号P.991(2012.10.15)
  11. 小畑亮、柳靖雄、愛新覚羅維、辻英貴「孤立性脈絡膜血管腫に対して光線力学療法を行った1症例」、『眼科手術』23巻P.184 (2009.12.18)
  12. 愛新覚羅維「新しい角膜クロスリンキング治療」、『眼科手術』 Vol.30 No.2 P.281-284 (2017.4)
  13. 愛新覚羅維「屈折矯正手術:改良型クロスリンキング」、『あたらしい眼科』 Vol.34 P.677-678 No.05(2017.5)
  14. 愛新覚羅維 「特集 円錐角膜:角膜クロスリンキング」、『IOL&RS』 Vol.32 No.1 P.33-38 (2018.3)
  15. 愛新覚羅維 「Dr.探偵!疾患スクープ:円錐角膜」、『眼科ケア』 Vol.20 No.6 P.94-96 (2018.6)
  16. 愛新覚羅維「屈折矯正手術セミナー:Epi-onクロスリンキング」、『あたらしい眼科』 Vol.35 P.791-792 No.06 (2018.7)
著作
  1. 古川鋼一、浜村和紀、高賢樹、愛新覚羅維、古川圭子「糖鎖をターゲットにしたがん治療の試み」、『第3の生命鎖:糖鎖の謎が今、解る』 P85-94、クバプロ出版、2009.2.20発行
  2. 愛新覚羅 維「角膜実質浮腫/急性水腫」、『一目でわかる眼疾患の見分け方 角結膜疾患、緑内障』、P94、Medical View出版、2016.3.24 発行
  3. 愛新覚羅 維 「角膜クロスリンキング」、『どう診てどう治す?円錐角膜』、P102-107、Medical View出版、2017.10.10 発行

学会发表

国际学会
  1. Miyuki Nagahara, Wei Aixinjueluo, Ayako Karakawa. 「Evaluation of Clinical Outcomes after Side Ports Lensectomy and Intraocular Lens Trans-Scleral Sulcus Suture Fixation in Pediatric Marfan Syndrome.」the World Ophthalmology Congress 2014, 2014.4.3 Japan・Tokyo
  2. Wei Aixinjueluo, Tomohiko Usui, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Shiro Amano, Satoru Yamagami 「TransepithelialCornealCXL forProgressiveKeratoconus 」 ASCRS/ASOA Annual Symposium&Congress2015, 2015.4.18 USA・San Diego
  3. Wei Aixinjueluo, Tomohiko Usui, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Satoru Yamagami.「Transepithelial Corneal Crosslinking for Progressive Keratoconus: Clinical Results of 24 Months」、Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons (APACRS) annual meeting 2016, 2016.7.2 Indonesia・Bali
  4. Wei Aixinjueluo, Tomohiko Usui, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Satoru Yamagami. 「Twenty four months Clinical Results of Accelerated Transepithelial Corneal Crosslinking for Progressive Keratoconus」European Society of Cataract & Refractive Surgeons annual meeting 2016, 2016.9.11 Denmark・Copenhagen
  5. Wei Aixinjueluo, Takashi Miyai, Tetsuya Toyono, Tomohiko Usui. 「Transepithelial Corneal Crosslinking for Pellucid marginal degeneration: Clinical Results of 12 Months」 Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons (APACRS) annual meeting 2017、2017.6.3 China・Hangzhou
国内学会
  1. 愛新覚羅維、吉田祥子、古川圭子、章青、浜村和紀、原和志、古川 鋼一「抗GD2抗体により誘導される小細胞性肺癌細胞のアポト-シスのメカニズム」、『第77回日本生化学会』2004年10月、横浜
  2. 愛新覚羅維、三村達哉、臼井智彦、本田紀彦、天野史郎「アレルウォッチを用いた涙液、唾液、鼻汁中の総IgE測定」、『第63回日本臨床眼科学会 』、2009年10月、福岡
  3. 愛新覚羅維、三嶋弘一、唐川綾子、相原一「長期的な外傷性低眼圧症に対して低侵襲小切開経強膜毛様体縫合術が奏効した1例」、『第65回日本臨床眼科学会』 2011年10月、東京
  4. 愛新覚羅維、三村達哉、臼井智彦、山上聡、天野史郎「両眼性角膜輪部上皮機能不全に対する自家培養結膜上皮シート移植の1症例」、『第36回日本角膜学会総会』2012年2月、東京
  5. 愛新覚羅維、蕪城俊克、臼井智彦、天野史郎「妊娠中に発症したVogt・小柳・原田病に対してステロイドパルス療法を行った症例」、『第774回東京眼科集団会』2012年5月、東京
  6. 島崎潤、加藤直子、愛新覚羅維、井手武 インストラクションコース「円錐角膜の新しい治療 」、『第30回JSCRS学術総会』、2014年6月、福岡
  7. 島崎潤、加藤直子、井手武、小島隆、愛新覚羅維、許斐謙二 インストラクションコース「円錐角膜の新しい治療 」、『第31回JSCRS学術総会』、2015年6月、東京
  8. 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡 「Clinical Results of Accelerated Transepithelial Crosslinking 」、『第69回日本臨床眼科学会』 、2015年10月、名古屋
  9. 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡 「Clinical Results of Corneal Crosslinking for Pellucid Marginal Degeneration 」、『角膜カンファランス2016』 2016年2月、軽井沢
  10. 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡「角膜クロスリンキングの術後2年の臨床成績」、『第120回日本眼科学会総会』2016年4月、仙台
  11. 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡「角膜クロスリンキングの中期臨床治療成績」、『第32回JSCRS学術総会』2016年6月、京都
  12. 島崎潤、加藤直子、井手武、小島隆、愛新覚羅維、許斐謙二 インストラクションコース「円錐角膜の新しい治療 」、『第32回JSCRS学術総会』2016.6. 京都
  13. 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡、「角膜クロスリンキングの術後2年の臨床治療成績」、『第120回日本眼科学会総会』2016.4.7 仙台
  14. 加藤直子、小島隆司、脇舛耕一、愛新覚羅維、森秀樹、平岡孝浩、許斐健二 インストラクションコース「一から学ぶ円錐角膜~明日から迷わない対処方法」、『第70回日本臨床眼科学会』2016.11.4 京都
  15. 愛新覚羅維、臼井智彦、宮井尊史、豊野哲也、山上聡、「角膜クロスリンキングの長期臨床治療成績」、『第70回日本臨床眼科学会』2016.11.6 京都
  16. 愛新覚羅維、宮井尊史、豊野哲也、臼井智彦、「ペルーシド角膜辺縁変性に対する角膜クロスリンキングの術後1年治療成績」、『角膜カンファランス2017』2016.2.18 福岡
  17. 愛新覚羅維、宮井尊史、豊野哲也、臼井智彦、「角膜クロスリンキングの治療成績に影響する因子の解析」、『第121回日本眼科学会総会』、2017.4.6 東京
  18. 島崎潤、加藤直子、井手武、愛新覚羅維、神谷和孝、許斐謙二、小島隆司 インストラクションコース「角膜クロスリンキング 急性水腫・角膜移植0を目指して!」、『第33回JSCRS学術総会』2017.6.23 福岡
  19. 許斐謙二、前田直之、森秀樹、脇舛耕一、愛新覚羅維、神谷和孝 シンポジウム「円錐角膜の診断と治療・角膜クロスリンキングの実力と限界」、『第33回JSCRS学術総会』2017.6.25 福岡
  20. 加藤直子、小島隆司、井手武、戸田郁子、森秀樹、愛新覚羅維 インストラクションコース「円錐角膜治療ABC 」、『第71回日本臨床眼科学会』2017.10.12 東京
  21. 許斐謙二、小島隆司、愛新覚羅維、戸田郁子、神谷和孝、加藤直子 インストラクションコース「角膜クロスリンキング 基礎から最近の話題まで」、『第34回JSCRS学術総会』2018.7.1 東京

関連クリニックの紹介introduction