緑内障

緑内障の症状

緑内障の代表的な症状は視野の欠けです。見える範囲が徐々に狭くなりますが、もう片方の目で補って見ているため、かなり進行しないと気付かないケースがよくあります。緑内障は視神経という器官に障害が起こって発症しますが、視神経は目から入ってきた情報を脳に伝達する役割を担っており、障害が起こると視野が狭くなってしまいます。

緑内障は中高年に多く、放置すると失明する可能性もありますので、自覚症状がなくてもリスクの高まる40歳代になったら1度眼科専門医で検診を受けましょう。

生活に支障のない視野を保つために、早期発見に努めましょう

緑内障で1度失ってしまった視野はもとに戻せませんし、放置してしまうと進行し、失明する可能性もゼロではありません。リスクが高まる40歳代になったら、定期的に眼科検診を受けてください。

緑内障の種類と原因

目は眼圧によってある程度の硬さと形を保っています。その方が耐えられる眼圧より上昇してしまうと、視神経に障害が起きて緑内障を発症します。体質的にごくわずかな眼圧上昇によって発症するケースもあります。
眼圧は眼の中にある房水の量によって変わります。余分な房水は隅角から、線維柱帯というフィルターを通り、シュレム管という出口から眼の外に出ていきます。
眼圧上昇の原因はいくつかに分かれており、それによって緑内障のタイプも分けられます。原発緑内障、続発緑内障、発達緑内障があり、原発緑内障や続発緑内障には開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障があります。

原発開放隅角緑内障 房水の出口近くにある線維柱帯が少しずつ目詰まりして眼圧が上昇します。進行がゆっくりの慢性疾患です。
正常眼圧緑内障 眼圧の正常範囲は10~21mmHgですが、この範囲内で緑内障を発症するもので、正常眼圧緑内障と呼ばれています。
開放隅角緑内障の1種であり、国内で行われた全国的な調査の結果、緑内障の約7割がこの正常眼圧緑内障であることがわかりました。正常眼圧緑内障は欧米に比べて日本人に多い緑内障です。
原発閉塞隅角緑内障 隅角が狭くなってふさがり、線維柱帯がふさがれて房水簿流れが妨げられて眼圧上昇を来します。急性と慢性があり、急性の場合にはできるだけ早く治療を受ける必要があります。
発達緑内障 眼内における房水の流れが生まれつき未発達であることから起こります。
続発緑内障 外傷や角膜の病気、網膜剥離、目の炎症といった眼科疾患による眼圧上昇、ステロイドなどの薬剤の影響で起こる眼圧上昇などによる緑内障です。
日本人の緑内障はその約7割が正常眼圧緑内障です。もともと眼圧に対する抵抗力が低い視神経を持っており、それによって障害が起こっている可能性が指摘されています。眼圧が高くないのに緑内障を発症してしまうため、特に注意が必要であり、症状のない段階での専門的な眼科検診が重要です。

日本人の緑内障はその約7割が正常眼圧緑内障です。もともと眼圧に対する抵抗力が低い視神経を持っており、それによって障害が起こっている可能性が指摘されています。眼圧が高くないのに緑内障を発症してしまうため、特に注意が必要であり、症状のない段階での専門的な眼科検診が重要です。

緑内障の治療

視神経は障害を受けてしまうともとに戻すことはできないため、緑内障は完治できません。それ以上視野を狭めないよう視神経へのダメージを抑える治療が基本になります。できるだけ早い段階で適切な治療を受けることで、視野の欠けを最小限に抑えることが重要です。症状に気付いたら、早めに受診してください。

薬物療法 点眼薬による治療

眼圧を下げる効果のある目薬を点眼する治療です。眼圧を下げるための目薬にはいくつかの種類があります。房水の産出を抑制する目薬、房水の排出を促す目薬などを使って眼圧を低下させます。眼圧が高くない状態で発症している場合にも、眼圧を下げることで進行の抑制が可能です。

レーザー治療

点眼薬を用いた治療でも視野欠損が進行する場合、レーザー治療を検討します。
房水が排出される線維柱帯という部分にレーザーを照射し、房水流出を促進させます。外来で治療ができ、入院の必要もありません。

緑内障は進行を止める治療を生涯続けていく必要がある病気です。信頼でいる眼科専門医をみつけ、地道に治療を続けて視野の欠けを最小限にとどめていきましょう。

緑内障と目薬

市販の目薬には、緑内障の種類によって点眼することで眼圧を上昇させる可能性があるものがあります。そうした目薬には、「使用上の注意」に【次の人は使用前に医師又は薬剤師にご相談ください。 緑内障の診断を受けた人】という内容の記述があります。緑内障の方は、市販の目薬を使う前に必ずかかりつけの眼科医や薬剤師に相談してください。

関連クリニックの紹介introduction