円錐角膜

円錐角膜とは

円錐角膜は、角膜実質の脆弱性による角膜の菲薄化と前方突出を特徴とする進行性疾患です。10~20歳代前半で発症し、40代までに徐々に進行することが多いです。両眼性が多いですが、発症と進行時期が異なる場合もあり、診断時に片眼のみの場合があります。

進行により近視や不正乱視を来たし、矯正視力低下、ハードコンタクトレンズ装用時の痛みといった症状が現れます。強度の近視や乱視が合併しやすい傾向があります。
円錐角膜はレーシックなどレーザーで角膜を削って屈折を矯正する手術は禁忌です。角膜を削ってしまうと角膜の強度がさらに低下し、円錐角膜を進行させてしまいます。
有病率は報告によって異なるが、およそ数千人から数万人に1人と推測されています。

円錐角膜の症状

初期症状には、いつもよりまぶしく感じる、ものが二重に見える、光に過敏になるなどがあります。さらに進行して角膜の突出が強くなり、角膜に濁りが生じると視力低下やゆがみなどの症状が起こります。

進行により急性水腫が生じ、急激に視力が低下するケースがありますこれは角膜の内側面にあるバリア機能を持つデスメ膜が角膜の過度な伸展により裂け目ができ、眼内の前房水が急激に角膜の中に流入し、角膜実質浮腫を来す状態です。急性水腫は数週間から数ヵ月間で改善することが多いが、強い角膜混濁が残り、視力障害を来す場合には角膜移植の適応となります。

円錐角膜の原因

円錐角膜の病態は未だに完全に解明されていませんが、角膜実質コラーゲンの架橋構造の異常や細胞外マトリックスの分解酵素活性の亢進が関与していると考えられます。また、目に対する擦過や打撲などの機械的刺激も発症及び進行の一因となる可能性が示されています。

円錐角膜の診断

細隙灯顕微鏡検査や角膜形状検査を行います。細隙灯顕微鏡検査ではある程度突出が強くなってからでなければ判断がつかないため、初期の段階では角膜形状検査が重要になってきます。この検査で、角膜中央部や中央よりやや下方の角膜のカーブが急な場合は、円錐角膜と診断されます。

円錐角膜の診断

 円錐角膜の診断として視力検査、細隙灯顕微鏡、角膜形状解析検査が決め手になります。

1) 視力

 裸眼視力、眼鏡矯正視力およびハードコンタクトレンズ矯正視力が重要であり、等価球面度数や乱視度数等も参考にして測定します。

2) 細隙灯顕微鏡検査

 細隙灯顕微鏡検査上、進行に従って角膜中央から下方の突出と菲薄化を認めますが、初期症例では判断困難の場合も多い。そのほか、進行症例ではVogt’s Straie (角膜実質の線条)、Fleischer’s ring (角膜上皮のヘモジテリン沈着)、Munson徴候 (下方視時の下眼瞼の突出)、急性水腫 (デスメ膜の断裂による急激な角膜実質浮腫)が見られる場合もあります。

3) 角膜形状解析

角膜形状解析は非接触・非侵襲で眼の屈折度数(近視・遠視・乱視)と角膜の曲率半径を測定し、等高線状にカラー地図で塗り分けて表示する検査です。細隙灯顕微鏡では異常所見を認めにくい初期円錐角膜症例も敏感に検出できます。
円錐角膜は角膜形状解析所見上、中央から下方の突出により角膜屈折力の非対称性の増加や角膜実質の菲薄化による角膜厚の減少が認められます。

円錐角膜の治療

円錐角膜の治療は10数年前まで眼鏡、コンタクトレンズ、角膜移植のみでしたが、近年角膜クロスリンキング、角膜内リング、有水晶体眼内レンズなども開発され、角膜形状解析による早期発見、角膜クロスリンキングによる進行予防、角膜実質内リング、有水晶体眼内レンズによる屈折矯正など、病期に応じた治療法を選択することで、患者さんの視機能の維持ならびに向上が実現可能になってきました。

当院での治療

眼鏡・コンタクトレンズ

軽度の円錐角膜は、角膜中心の屈折異常は少なく、不正乱視が軽いため、眼鏡やソフトコンタクトレンズの装用で良好な視力に矯正できます。
中等度の円錐角膜の場合には、不正乱視で眼鏡やソフトコンタクトレンズを装用しても良好な視力が得られなくなるケースがあります。その場合には、ハードコンタクトレンズ装用で対応が可能です。不正な角膜の表面をハードコンタクトの滑らかなレンズで覆うため、良好な視力を得ることができます。また、円錐角膜専用の特殊レンズも開発され、円錐角膜の症状が進行しているケースでも矯正可能になってきています。当院では円錐角膜患者に対して、眼鏡からソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズ、特殊レンズまでの処方が全て対応可能です。

角膜クロスリンキング

角膜クロスリンキングは、角膜を構成するコラーゲン線維の結びつきを強化して円錐角膜の進行を抑える治療法です。角膜にリボフラビン(ビタミンB2)の目薬を点眼しながら紫外線を照射します。これによって角膜を構成するコラーゲン線維が強力に結びついて、角膜が強化されます。

関連クリニックの紹介introduction