レーザー治療

網膜光凝固術

網膜光凝固術のレーザー治療は、事前に散瞳薬を点眼して瞳孔を開いてから行います。こうすることで安全にレーザーの照射を行うことができます。ただし、この点眼で近くが見えにくくなり、いつもよりまぶしさを強く感じる状態になります。そして、この効果は個人差がありますが4~5時間持続する場合が多く、ご自宅の際に運転は禁止となります。ご来院の際には公共交通機関かご家族が運転されるお車でいらしてください。
また、網膜光凝固術のレーザー治療で網膜浮腫の合併症を起こさないようにするために、治療の間隔を1~2週間空けることが必要になります。

網膜裂孔、網膜格子状変性など

穴が開いて網膜が剥がれる網膜剥離を起こす前に、穴の周囲にレーザーを照射して焼き固めることで進行を防止します。この治療には痛みがともなう可能性がありますが、レーザー照射を行うのはほとんどが網膜周辺ですので、治療によって視力低下が起こることはありません。
原則的に検査後にご予約いただいて改めて治療となりますが、初診時に緊急性が高いと判断された場合にはその日にこの治療を行うこともあります。

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症など

網膜の血流が途絶えた部分にレーザー照射して凝固させ、新生血管の増殖を抑制し、「見る」ために重要な役割を果たしている黄斑への血流を保つ治療法です。これにより深刻な視力低下を予防できますが、視力回復はできません。
網膜がむくむ「浮腫」がある場合には、浮腫周辺にレーザーを照射してむくみを改善させます。
なお、この治療には、痛みがともなう場合があります。

緑内障の虹彩光凝固術

隅角光凝固術のレーザー治療では、隅角にある繊維柱帯にレーザーを照射して房水の流れを改善し、眼圧を正常に戻します。痛みはなく、5分程度の治療時間で行うことが可能です。この治療は、点眼薬で眼圧が下がらないケース、視野障害が進行してしまうケースなどに用いられます。
治療後、一時的な眼圧上昇が起こる可能性があるため、術後すぐのご帰宅はできません。院内でしばらく休んでいただいた上で眼圧を測定し、正常範囲であることを確認してから帰宅とになります。
虹彩光凝固術のレーザー治療は、狭隅角や閉塞隅角緑内障で発作を起こす可能性がある場合に行います。虹彩は瞳の中心を囲んでいる茶色の部分です。この治療では、虹彩の周辺にレーザーを照射して小さな穴を開け、新たな房水の流れを作ります。これにより眼圧の急激な上昇を予防します。
まず事前検査を行い、その後に瞳孔を縮める縮瞳薬を点眼します。レーザー治療を行ったら、術後検査と処置を行って終了です。事前検査から術後の処置までは約2時間程度です。術後は定期的な通院で経過を観察する必要があります。なお、術後、時間経過により虹彩に開けた穴がふさがることがありますが、再度この治療を受けることが可能です。

YAGレーザー後嚢切開術

白内障の手術では、水晶体の後嚢を残してその上に人工の眼内レンズを挿入します。この手術後、残した後嚢に濁りが生じるものが後発白内障です。後発白内障で起きた後嚢の濁りはYAGレーザーの照射で除去が可能です。
事前検査後に散瞳薬を点眼して瞳孔が広がったことを確認し、レーザーを照射するだけですから2~3分程度の治療です。この治療による痛みはなく、再発もほとんど起こりません。
散瞳薬の効果が個人差はありますが4~5時間持続することが多く、近くが見えにくい状態や、いつもより光をまぶしく感じるなどが続きます。そのため、帰宅時にお車やバイク、自転車などの運転はできません。
治療では、レーザーが後嚢のかけらを弾き飛ばすため、一時的に視界の濁りやモヤが生じることがありますが、時間経過とともにかけらが沈んでこうした症状は改善します。
眼圧の一時的な上昇を起こす可能性がありますし、まれですが網膜剥離につながってしまうケースがゼロではないことから、その後の通院がとても重要です。医師から指示された通り、治療の1ヶ月後に受ける視力・眼圧・術眼の散瞳検査などを必ず受診してください。

関連クリニックの紹介introduction