glp-1ダイエット

glp-1ダイエット

glp-1をご存知でしょうか?「痩せホルモン」とも言われており、今注目が高まっている新しいダイエット方法です。
glp-1は、小腸から分泌されるホルモンの1種で、痩せている人には多く、逆に太っている人には少ない傾向があります。インスリンの分泌を促進させ、糖尿病の治療薬にも使用されています。このほかにも、脳や消化器官にも働きかけ、食欲を抑えたり、基礎代謝を向上させたり、脂肪を燃焼させやすくする作用もあるため、自然な形で食事量を減らすことができ、無理なくダイエットをすることができます。方法は日常生活内で1日に1回(場合によっては1週間に1回)、glp-1を摂取するだけで、運動したり、食事制限の必要もないため、お手軽にダイエットができます。

glp-1ダイエットの特徴

無理なく食事制限が出来る

自ら食事制限をするのではなく、自然に食欲を落とすことが出来るので、食事を我慢するストレスを感じることがありません。

血糖値の上昇を抑える

胃から腸への排出を遅らせる作用があります。胃はゆっくり内容物を消化するため、食後の血糖値の急な上昇を抑えることができます。

太りにくい体質へ

glp-1の量を痩せている人の状態に近づけることで、太りにくい体質へ変化していきます。

自宅でできる

医師の指導を受けた後は、通院せずにご自宅でglp-1を摂取することが出来ます。注射針は極細のものを使用するため、痛みもほとんどなく1分程完了します

生活習慣病の予防にも効果的

肥満は生活習慣病だけでなく、心肺機能に影響することもあります。肥満を解消することで、様々な健康リスクを減少させることが出来ます。

glp-1の安全性

GLP-1イラストglp-1はアメリカやヨーロッパでは肥満の治療薬として認可されており、もともとは小腸から分泌されるホルモンの1つなので、安全です。
ただし、副作用として、吐き気や胃のむかつき、下痢、便秘などの症状が現れることがあります。特に、治療を始めた初期段階で見られることが多いですが、治療を継続していくうちに副作用が減っていきます。

当院のglp-1ダイエット治療は、日本で2型糖尿病治療薬として承認されている、日本製のglp-1製剤のみを使用しております。ただし、肥満治療として、日本では未承認なので、自費診療となります。

glp-1ダイエットの注意点

副作用

  • 注射部位の軽度の腫れ、かゆみ、内出血を伴うことがあります。
  • 悪心、嘔吐、便秘、下痢などの胃腸障害が認められることがあります。
  • 初期段階で出やすい症状ですが、徐々に改善傾向となります。

禁忌事項

下記の方はglp-1ダイエットを受けられません。

  • glp-1製剤に対し過敏症の既往のある方
  • 妊娠中、授乳中、または妊娠の可能性のある方
  • 腹水や浮腫がある方
  • 透析療法を受けている方

適応注意

下記の方はglp-1ダイエットを受ける際に注意する必要があります。

  • 膵臓に異常のある方
  • がんの治療中、治療直後
  • 心機能、腎機能、肝機能が低下している方
  • 自己免疫疾患のある方

料金

glp-1ダイエット注射
Aプラン 週1注射タイプ 1ヶ月コース 80,000円(税抜)
Aプラン 週1注射タイプ 3ヶ月コース 200,000円(税抜)
Bプラン 毎日注射タイプ 1ヶ月コース 100,000円(税抜)
Bプラン 毎日注射タイプ 3ヶ月コース 250,000円(税抜)
初回のみ採血代 5,000円(税抜)

※専用注射針や消毒アルコール込みの料金になります。
※効果をより実感して頂けるために、3ヶ月間継続される事ことをおすすめします。

TEL:03-6429-7567
一番上に戻る