白内障

多焦点眼内レンズを使用した日帰り手術

当院では、関連施設のアイクリニック神楽坂にて、多焦点眼内レンズを使用した白内障の日帰り手術を行っております。アイクリニック神楽坂は先進医療認定施設であり、多焦点眼内レンズも取り扱っております。白内障の手術では、濁ってしまった水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを挿入します。眼内レンズは、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズの2種類があります。単焦点眼内レンズは遠近どちらかのみに焦点を合わせますが、多焦点眼内レンズは遠近どちらの距離にもピントが合わせられ、メガネが必要になる場面が大幅に削減することができます。また、アイクリニック神楽坂は先進医療認定施設でもあり、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は保険適用されないため自己負担になりますが、先進医療施設として認定を受けておりますので、手術費用以外の診療や検査、薬剤にかかる費用には健康保険の適用が可能です。

白内障とは

水晶体は目の中にある組織で、レンズのような役割を果たしています。外部から目の中に入ってきた光は水晶体によって屈折し、網膜に像を結びます。この時に水晶体が厚みを変えることでピントの調節を行っています。

水晶体は透明な組織ですが、何らかの原因で濁りが生じると光の屈折がうまく行われなくなり、視界がぼやける、かすんで見えるなどが起こる白内障の症状が現れます。カメラのレンズが汚れたり、くもったりしている時に写真がきれいに写らないように、水晶体の濁りによって「見る」機能に障害が起きているのが白内障です。

白内障の原因

水晶体はレンズのような役割を果たしていますが、水分やタンパク質などでできた組織です。そして水晶体の濁りはタンパク質の変質によって起こっています。

タンパク質が変質してしまう最も多い原因には加齢があります。老化現象のひとつと言えますが、早ければ40歳代で発症するケースも珍しくありません。そして、80歳代になると自覚症状がなくても、ほとんどの方が白内障になっているとされています。

白内障の種類

種類

原因

加齢性白内障

加齢

外傷性白内障

眼に受けた外傷や衝撃

アトピー性白内

アトピー性皮膚炎

併発性白内障

ぶどう膜炎、網膜剥離、緑内障などの眼科疾患

先天性白内障

生まれつき、風疹など

白内障の症状

  • 視力低下
  • 視界がかすむ
  • ものがぼやけて見える
  • 光が以前よりまぶしい
  • ものが二重・三重に見える
  • 目が疲れやすくなった

白内障は治療可能で、放置や合併症などがなければ失明に至ることはありません。ただし、痛みなどの症状がなく、生活に不便はあっても大きな支障が生じるようになるまで受診されないケースが多くなっています。気付かないうちにクオリティ・オブ・ライフを大幅に低下させていたり、正常なもう片方の目に大きな負担をかけていたりといったことが多いため、白内障リスクの上がる40歳代になったら1度、専門医を受診して検査を受けてくださ

白内障の治療

白内障は進行を抑制・予防するための薬物療法と、根治できる手術という治療が可能です。点眼薬や内服薬による薬物療法はかなり初期の白内障には有効ですが、あくまでも進行抑制の効果しか望めません。そのため、生活に支障がある場合には、手術が不可欠です。医療技術や機器が進歩している現在、白内障手術は15分程度の時間で安全に行うことができるようになっているため、そのままご帰宅いただける日帰り手術が一般的になってきています。

 

白内障手術の方法

点眼による局所麻酔を行ってから手術となりますので、痛みを感じることはありません。

手術では、まず角膜を23ミリ切開し、そこから器具を挿入します。超音波により水晶体を細かく砕いて吸引しますが、水晶体を包む膜は残します。この膜の上に水晶体の代わりとなる人工の眼内レンズを挿入し、固定したら手術は終了です。当院では関連施設の「アイクリニック神楽坂」にて日帰り手術を行っております。

白内障手術に関する注意点

手術後の運転や運動はできません。そのため、手術でご来院の際には公共交通機関やご家族が運転されるお車などでいらしてください。

手術後の飲食は基本的に普段通りで構いません。ただし、アルコールは控えてください。入浴などに関しては、洗髪、洗顔が禁止です。

手術後は、眼帯を装着しますが、不自由がある場合にはお伝えください。なお、視力については、視力が安定しない状態から少しずつ回復していき、ほとんどの方が翌日には安定します。視力が安定している場合には、翌日からのお仕事も可能です。

関連クリニックの紹介introduction