眼瞼痙攣

眼瞼痙攣と片側顔面痙攣 顔や目のピクピク

疲れている時に、意思と関係なくまぶたや目の周囲がピクピクと痙攣してしまうことがあります。命にかかわる症状ではありませんが、クオリティ・オブ・ライフを低下させ、日常生活に大きな支障を与える可能性があります。
この症状が繰り返し起こるようでしたら、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣の可能性があります。当院ではボトックスを用いた治療を行っています。

眼瞼痙攣とは

意思に関係なく両目の周囲になる筋肉が痙攣し、目を開けにくくなる眼科疾患です。原因は、脳から正しい指令が伝わらないことであり、それによってまぶたの開閉がうまくいかなくなって起こります。
症状を起こすきっかけとしてストレスや睡眠導入剤などが指摘されていますが、そういった誘因なく普通に生活していて眼瞼痙攣を発症するケースもしばしばあります。
50~70歳代の発症が多く、男性に比べ女性の発症は2倍の発症率があり、女性に多い傾向があります。

片側顔面痙攣とは

意志に関係なく痙攣が起こりますが、ほとんどの場合は顔の左右片側、どちらかの筋肉だけに痙攣が起こります。50~70歳代に多く、女性の発症が約7割を占めます。片側顔面痙攣リスクが高いのは、高血圧症や脂質異常症など生活習慣病の既往症がある方だとされています。
痙攣が起こりやすいのは緊張している時、食事中、笑った時、会話時などです。多くは顔の片方の目や口の周囲がピクピクと痙攣します。進行により痙攣の頻度が頻繁になっていきます。

似た症状の眼科疾患

眼瞼痙攣と片側顔面痙攣の症状はよく似ており、さらに他の眼科疾患でも同様の症状が現れることがあるため、眼周囲や顔に痙攣が起こった場合には、まず眼科専門医の受診をおすすめします。どの疾患であるかは、きちんと検査してみなければわかりません。お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

眼瞼ミオキミア

まぶたの筋肉の表面がピクピク痙攣しますが、これは疲れや睡眠不足などによって起こっています。症状が長く続くことはほとんどありません。睡眠をたっぷりとる、入浴や趣味などでリフレッシュする、ストレスを上手に解消するなどが解消につながります。

ドライアイ

まぶしさを強く感じる、目が乾くといった症状が共通しています。眼瞼痙攣であった場合、こうした症状はドライアイの治療で治すことができませんのでご注意ください。

ボツリヌス毒素治療(ボトックス注射)とは

当院では、眼瞼痙攣や片側顔面痙攣の治療として、ボツリヌス療法(ボトックス注射)を行っています。ボトックスは美容のシワとりが有名ですが、眼瞼痙攣と片側顔面痙攣の治療にも有効です。なお、眼瞼痙攣と片側顔面痙攣の治療でボトックス注射を行う場合には、健康保険が適用になります。
ボトックス注射は筋肉の緊張を和らげる作用を持っているため、痙攣の起こる場所に注射することで症状を抑えることができます。外来で受けられるため入院の必要がなく、治療後はそのまま徒歩でお帰りいただけます。
効果は数日後から現れはじめ、3~4カ月間持続しますので、効果が薄れてきた時期に再注射が必要です。

ご注意

注射液が必要以上に拡散することを防ぐため、いくつかご注意いただきたいことがあります。

注射当日

できるだけもまないようにします。洗顔もできれば避けてください。

注射後数日間

マッサージを控えてください。

ボトックス注射料金

保険診療
1割負担 約5,600円
3割負担 約17,000円

関連クリニックの紹介introduction