PRP療法

PRP療法とは

PRP療法とは、Platelet Rich Plasmaの略称であり、多血小板血漿のことを指します。血液中にある血漿を遠心分離することで、血小板を多く含むもののみ抽出した血漿濃縮物にしたものです。
治療方法としては、患者様ご自身の血液を採血し、血小板だけを取り出し、患部に注射していきます。たんぱく質や成長因子など、美容効果とともに痛んだ組織の修復能力が期待されているため、美容だけでなく、整形外科や眼科、歯科領域にも使用されている治療になります。

L-cepferのシステムとは

L-cepferとは、Lyophilized Concentrated Easy use Platelet rich plasma For Eternal Rejuvenationの略称であり、PRP加工技術を駆使してフリーズドライされ、長期間保存可能な新しい再生医療です。専門の培養士がPRP由来の成長因子を無細胞化させ、安全性と効果が期待されるだけでなく、保存期間が長いため患者様のお好きなタイミングで注入できるといった点が注目されています。

ヒアルロン酸注射とPRP療法の違い

ヒアルロン酸注射は肌を直接持ち上げ形を作ることにより、しわの改善や膨らみ(ハリ)を生じさせます。一方、PRP療法は、血小板の成長因子(痛んだ組織の修復能力)を活かすことで、しわやハリ、毛穴を改善させます。お肌の状態によって、ダーマペンで治療することもあります。

ダウンタイム

注入後、メイクで隠せる程度ですが、針跡に赤みが生じることがあります。また、稀に内出血を生じることもあります。ただし、内出血を生じた場合でも2週間程度で徐々に消えていきます。
なお、副作用としては、PRP自体は患者様ご自身の血液のためアレルギー反応を生じることはないのですが、他の薬剤と混合して注入する場合、薬剤に対するアレルギー反応を生じる場合がございます。

施術の流れ

診察

医師の診察を行い、PRP療法が適応されるか判断します。適応となった場合、採血を行い、細胞を培養する専門施設であるCPCに血液を送ります。 ※CPCによる細胞培養には約2週間お時間を要します。

注入

お肌や頭皮など、気になる箇所に注入していきます。直接張りで注入する方法のほか、ダーマペンなどを使用した注入方法があります。

※注入方法により費用が異なります。詳細は料金表にてご確認ください。

PRP療法料金

料金(税込)
1箱(6本)血液加工PRP製作料金 150,000円 (2〜3回施術分)
手打ち注射1回(麻酔代込み) 1回 2,000円
ダーマペン4(麻酔代、パック代込み) 1回 20,000円

※PRP療法は完全予約制です。

TEL:03-6429-7567
一番上に戻る