緑内障

緑内障とは

緑内障とは

緑内障は見える範囲である視野が狭くなっていく病気です。目から入ってきた情報は視神経を通じて脳に送られます。この視神経に障害が起こって視野が欠けるのが緑内障です。視野は少しずつ欠損していき、ほとんどの場合はとてもゆっくり進行するため自覚症状に気付いた視点でかなり進行していることがよくあります。治療が遅れると失明する可能性もあるため、早期に適切な治療を受けることが需要です。
高齢になると誰でもなる可能性がある病気であり、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を低下させないために症状がない場合も定期的な眼科検診を受けることが重要です。

緑内障の原因

目は内圧によって硬さが出ることで丸い形状を保っています。この圧力が眼圧です。眼圧は耐えられる数値に個人差が大きく、それを超えると視神経に障害が起こって視野が欠けます。これが緑内障発症のメカニズムです。
眼圧は目の中を満たす房水の量によって変わります。余分な房水は隅角という部分から線維柱帯というフィルターを通り、シュレム管を通じて排出されます。
眼圧が上昇する原因にはいくつかあり、緑内障はその原因によって原発緑内障、発達緑内障、続発緑内障に分けられます。さらに、原発緑内障や続発緑内障は、開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けることができます。
緑内障では正常値とされる眼圧で発症する正常眼圧緑内障が多くなっています。これはもともと眼圧の変化に対する抵抗力が低く、視神経がダメージを受けやすいことなどから起こると考えられています。そのためより厳密な眼圧コントロールが必要になります。

緑内障の原因

定期的な検査を心がけましょう

定期的な検査を心がけましょう緑内障は自覚症状に乏しい病気ですが、失明する可能性もあります。片目にだけ症状が起きている時には、良好な方の目で視野を無意識に補ってしまうため、特に気付きにくい傾向があります。コンタクトレンズ処方や結膜炎治療などで眼科受診をしていても、緑内障の有無は限定検査などを受けていないと発見できないこともあります。
失明まで行かなくても進行させてしまうと視野が欠けて視機能に支障が生じ、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)が大きく損なわれてしまいます。緑内障でも早期に適切な治療を開始して持続することで、見る機能に全く問題なく生涯を過ごせる可能性があります。40歳を過ぎたら自覚症状がなくても眼科専門医を受診して、眼底検査を含む眼科の総合的な検査を受けるようおすすめしています。

緑内障の治療と副作用

緑内障の治療は、眼圧のコントロールをすることが重要です。基本的には、眼圧を下げる効果のある点眼薬(ラタノプロスト点眼液)による治療が第一選択となります。しかし、この点眼治療には以下のような副作用があります。

  • 虹彩色素沈着/眼瞼色素沈着
    茶目の部分が濃くなったり、目の周りが黒ずんだりします
  • 眼瞼部多毛
    まつ毛の量が増えたり、長くなったりします

これらの原因は、点眼時に薬剤がまつ毛や目の周りについてしまうことが挙げられます。防止策としては、点眼後に付着した部分をティッシュなどでふき取ったり、入浴時に目の周りを洗い流すことで、副作用を減少させることができます。

目の周りの黒ずみやまつ毛多毛でお困りの方へ

目の周りの黒ずみやまつ毛多毛でお困りの方へ目の周りの黒ずみは、ラタノプロストの成分により虹彩(茶目)のメラニン色素(黒い色素)が増加してしまうことで起こります。これに対して有効な治療がIPLです。IPLはターゲットに特殊な光を当てることで、熱エネルギーに変わり、メラニン色素を破壊したり、毛細血管を収縮させる作用が働きます。破壊されたメラニン色素は、数日かけて浮き上がり剥がれ落ちます。
また、メラニン色素がある成長期の産毛にも効果はあるため、脱毛効果も期待できます。
IPLは選択的にターゲットを絞って施術でき、周囲組織にダメージを与えずに施術ができるため、安全に治療が行えます。お困りの方は、お気軽にご相談ください。

治療費用

施術1回 11,000円(税込)

※来院1回あたりの施術費用であり、施術が片方だけ、両方でも同じ料金です。
※効果は1回でも実感して頂けますが、4週間ごとに3~5回施術することをおすすめします。
※治療後は施術部分に日焼け止めを使用し日焼けに注意してください。
※治療に対する痛み、効果、持続期間には個人差があります。

TEL:03-6429-7567
一番上に戻る