にきび・にきび跡

ニキビについて

ニキビについてニキビは皮脂分泌が過剰になって化膿した状態です。思春期のニキビは主にホルモンバランスの乱れによって起きますが、大人ニキビはストレスや生活習慣、体調や環境の変化などの影響も発症に大きくかかわっていると考えられています。
間違った自己処理で悪化させてしまうケースが多く、放置によって目立つニキビ跡ができてしまうことも珍しくありません。ニキビができたら適切な治療を早期に受けることで、美肌を保って再発予防につなげることができます。

ニキビの原因

皮脂分泌過剰

思春期のニキビは主に、ホルモンバランスの崩れから皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まって炎症を起こして化膿することで生じています。

ホルモンバランス

ホルモンバランスの崩れは皮脂の過剰な分泌につながりやすく、ニキビの大きな原因になります。女性の場合、生理前にはニキビリスクは高くなり、悪化させやすいので注意が必要です。

ストレス

ストレスを感じるとステロイドホルモンが分泌され、これによりニキビが悪化しやすくなります。また疲労やストレスでリンパ液の流れが滞ることでフェイスラインにニキビができやすくなる傾向があります。

角詮

毛穴は古くなった余分な角質・汚れ・皮脂などで詰まってしまうことがあります。老廃物が毛穴に詰まった角栓があると毛穴に空気が入らなくなり、化膿の原因になるアクネ菌が増殖してニキビを生じさせます。

ニキビの種類

ニキビの種類

白ニキビ(初期症状)

皮膚の下に、毛穴を塞ぐ白い皮脂のかたまりが見えている状態で、広範囲に現れることもあります。この状態はコメドと呼ばれることがあります。白く見えるのは皮脂が空気に触れておらず、酸化していないということです。

黒ニキビ

毛穴の入口を硬い皮脂が詰まって塞いでいて、それが空気に触れて酸化しています。酸化が進行すると黒みが増します。

赤ニキビ(化膿ニキビ)

白ニキビや黒ニキビが進行してアクネ菌による炎症を起こしている状態です。さらに進行して化膿すると痛みや熱感を起こすことがあり、治ってからもデコボコや色素沈着などのニキビ跡を残しやすくなります。

ニキビ跡

ニキビを放置すると炎症が治まった後に、赤みや色素沈着、デコボコ、瘢痕(クレーター上のへこみ)といったニキビ跡を残すことがあります。特に深部まで炎症が及んだ場合、ニキビ跡の症状がひどくなりやすい傾向があります。

赤み・色素沈着タイプ

赤いニキビで皮脂腺に炎症を起こしたケースでは、周囲の組織も破壊されます。その損傷を修復するため細胞の働きが活性化して毛細血管が発達し過ぎて赤みを起こしたり、メラニン産出が過剰になって色素沈着を起こしたりしている状態です。時間経過により多少薄まることはあります。

クレータータイプ

ニキビによる炎症で皮膚が深部組織まで破壊されてしまい、再生能力が追い付かないとクレーター状のへこみやデコボコが残ります。組織が深部まで破壊されているので自然に治ることは少なく、適切な治療を行っても治すのには時間がかかります。

ニキビのIPL治療

ニキビのIPL治療当院のフォトフェイシャルM22によるIPL治療では、ニキビ用に特化したフィルターがあり、それを使用することでより安全で効果的な治療が可能になっています。有害な紫外線などを除いた特殊な波長の光を用い、この光がトラブルの原因になっている部分へピンポイントに作用して熱エネルギーとなり、アクネ桿菌を殺菌します。同時にメラニンや赤みといった限定した色にのみ選択的に作用して破壊します。さらに線維芽細胞を活性化させ、肌質の改善にもつながります。痛みが少なく、施術直後の洗顔やメイクも可能です。

料金

美白&美肌全顔コース
フォトフェイシャル 30,000円(税抜)
初回特典30%OFF 30,000円→21,000円(税抜)
3回券(有効期間6ヶ月) 70,000円(税抜)
5回券(有効期間1年) 110,000円(税抜)

※治療は完全予約制です。
※効果は1回でも実感して頂けますが、4週間ごとに3~5回施術することをおすすめします。
※治療後は施術部分に日焼け止めを使用し日焼けに注意してください。 ※治療に対する痛み、効果、持続期間には個人差があります。

TEL:03-6429-7567
一番上に戻る