顔のたるみ

シワとたるみ

シワとたるみシワとたるみは老けた印象にダイレクトにつながりますし、別に怒っているわけではないのに厳しく険しい表情に勘違いされて敬遠されることもよくあります。シワやたるみを改善するだけで、若々しさや優しい雰囲気に大きく印象が変わることも多くなっています。
シワとたるみは加齢や紫外線の影響で肌の弾力が失われて生じることが多く、さらにシワは表情の影響も大きく受けます。
シワやたるみは適切な治療を受けることで解消することができますし、それにより肌自体を健康でいい状態に保つことにもつながります。

シワができる要因

紫外線

皮膚真皮層にはコラーゲンがあってそれが肌の柔軟性やハリを保っています。紫外線による光老化で皮膚真皮層のコラーゲンが失われるとシワができます。

加齢

年齢が上がるとともにコラーゲンの産生力は低下していくため、加齢によりコラーゲンの不足が起きてシワにつながります。

乾燥

皮膚が乾燥すると肌のバリア機能が失われて保湿力が低下し、コラーゲン不足からシワができやすくなります。

表情筋によるシワ

日頃、眉間や額、目尻にシワを寄せる表情をよく浮かべていると、表情筋がいつも同じ動きを繰り返して皮膚にシワの癖が強く残るようになり、深いシワが刻まれてしまいます。

たるみができる要因

たるみができる要因加齢などによって肌のハリが失われると、皮膚を支えることができずたるみが生じます。目の下、頬、あごはたるみが現れやすい場所です。また、正面では目立たない場合でも横顔でたるみが目立つことがあります。コラーゲン産出力が低下すると肌のハリが失われてたるみを生じやすくなります。

たるみのできやすい箇所

目元

目の下は膨らみやくぼみ、たるみなどの老化が最初に現れやすい場所です。たるみを放置しているとちりめんジワなどを生じてしまうこともあります。この部分のたるみ解消は、見た目年齢を大きく引き下げます。

ほうれい線

小鼻の横から口角にかけて刻まれるシワです。口元の皮膚や皮下組織、頬のたるみによってほうれい線のシワは深くなります。マンガなどでほうれい線がクッキリ描いてあると老人に見えるように、年齢の印象を左右します。

フェイスライン

表情筋の衰えや、皮膚を支えるコラーゲンやエラスチンの不足により、フェイスラインは重力に負けて下がってきます。顔全体が老けている印象になりやすいため、イメージを大きく左右します。

シワ・たるみのIPL治療

シワ・たるみのIPL治療フォトフェイシャルM22によるIPL治療は、小シワやちりめんジワの治療におすすめできます。肌質や状態に合わせたきめ細かい調整をして行う施術により、真皮層の線維芽細胞が活性化して、コラーゲンの産出を促進させます。これにより本来の再生能力が回復して肌全体にハリが戻って引き締まり、ツルっとしたなめらかでモッチリした肌に導きます。

料金

美白&美肌全顔コース
フォトフェイシャル 30,000円(税抜)
初回特典30%OFF 30,000円→21,000円(税抜)
3回券(有効期間6ヶ月) 70,000円(税抜)
5回券(有効期間1年) 110,000円(税抜)

※治療は完全予約制です。
※効果は1回でも実感して頂けますが、4週間ごとに3~5回施術することをおすすめします。
※治療後は施術部分に日焼け止めを使用し日焼けに注意してください。 ※治療に対する痛み、効果、持続期間には個人差があります。

TEL:03-6429-7567
一番上に戻る