シミ

シミについて

シミについてシミは女性にとって大きなお悩みになるケースが多く、美容分野では常に高い関心を持たれています。肌自体の病的なトラブルにつながることはほとんどありませんが、色の濃さや大きさ、位置などがお気持ちへの深刻な問題へ発展することも珍しくありません。
一般的に「シミ」というと薄茶から褐色までの色素斑すべてを指しますが、医学的には20種類以上に分類され、それぞれ原因や解消に導く治療法が異なります。

シミ・ソバカスの原因

紫外線

紫外線によりメラノサイトが刺激されて、シミの原因であるメラニンが増加します。加齢により肌の新陳代謝が滞り、メラニンの排出がスムーズに行われなくなるとシミとして現れます。

ストレス

皮膚のメラニン細胞は、脳下垂体から分泌される物質によって刺激を受けて増加します。環境の変化、睡眠不足や過労、人間関係などのストレスがあるとこの物質の分泌が増えてシミにつながります。

生活習慣

生活習慣の乱れによって免疫力が低下するとメラニンが増加することがあります。また新陳代謝が滞ってメラニン排出がスムーズに行われなくなってシミにつながります。不規則な睡眠、運動不足、食生活の乱れ、カフェインなど刺激物の過剰摂取などに気を付けましょう。

ホルモンバランス

女性ホルモンの1種である黄体ホルモンは、メラノサイトを刺激して肝斑を作る原因になることがあります。過激なダイエット、ストレス、体調不良などでホルモンバランスを崩さないようにしましょう。

シミ・ソバカスの種類

老人性色素斑

色が均一で濃く、シミの境目がはっきりしているという特徴があります。紫外線によるダメージが蓄積して生じた老化現象です。直射日光を浴びて日焼けを繰り返した場合、早いケースでは10歳代から老人性色素斑が生じることもあります。

炎症後の色素沈着

炎症が治まった後に生じる皮膚の色素沈着です。年齢にかかわらず起き、かぶれや虫刺され、ニキビ、ケガ、ヤケドなどから生じた炎症が原因です。紫外線を浴びると悪化しやすく、色がさらに濃くなります。

雀卵斑(じゃくらんはん)

ソバカスのことです。鼻を中心に小さな点状のシミが広く分布します。遺伝性のケースが多く、紫外線によって濃くなります。20歳代後半になると薄くなってくることもよくあります。

肝斑(かんぱん)

左右対称に現れるという特徴があるシミです。多くは頬や鼻の下、額に現れ、ぼんやりしています。発症が多いのは30~40代の女性です。紫外線に加え、ホルモンバランスの崩れが原因としてかかわっていると指摘されています。

シミのIPL治療

シミのIPL治療シミを効果的に改善しながら、肌全体を自然に若返らせる美肌効果をご希望の場合には、IPL治療をおすすめしています。特殊な光による熱がメラニン色素だけを選択的に破壊し、線維芽細胞が刺激されてコラーゲンなどの産出を増やして保水力を高めます。破壊されたメラニン色素は数日から1週間程度で浮き上がってきてカサブタのように自然に剥がれ、周囲へのダメージを残しません。IPL治療は、シミの除去とキメなど肌質向上の両方につながる新しい光治療です。

料金

美白&美肌全顔コース
フォトフェイシャル 30,000円(税抜)
初回特典30%OFF 30,000円→21,000円(税抜)
3回券(有効期間6ヶ月) 70,000円(税抜)
5回券(有効期間1年) 110,000円(税抜)
手の甲コース
1回 10,000円(税抜)
3回券(有効期間6ヶ月) 25,000円(税抜)
5回券(有効期間1年) 40,000円(税抜)

※治療は完全予約制です。
※効果は1回でも実感して頂けますが、4週間ごとに3~5回施術することをおすすめします。
※治療後は施術部分に日焼け止めを使用し日焼けに注意してください。 ※治療に対する痛み、効果、持続期間には個人差があります。

TEL:03-6429-7567
一番上に戻る