小顔ボトックス(エラボトックス)

小顔とエラ

小顔とエラ小顔はエラの存在によって大きく印象が左右されます。エラがすっきりしていると小顔に見えやすく、エラが張っているとフェイスラインが大きく横に張り出したホームベース状になるため顔が大きく見えやすいのです。エラは骨が目立つように感じると思いますが、咬筋という噛む時に働く筋肉が過剰に発達してエラが張って見えていることも多いのです。
ボトックスには筋肉の働きを弱める作用があります。エラの咬筋にボトックスを注射すると咬筋の働きが抑えられてフェイスラインがすっきりします。これにより小顔効果が期待できます。

小顔ボトックスとは?

ボトックスは毒性のないA型ボツリヌストキシンで、A型ボツリヌス毒素から抽出しています。注射した筋肉をある程度の期間に渡って弛緩させる作用を持っており、それを利用して小顔効果を得られるのが咬筋へボトックスを注射する小顔ボトックスです。治療後の痛みや違和感も少なく、治療直後から普段通りの生活が可能です。改善効果が高く、施術時間が短くてアレルギーなどの副作用もほとんどないことからリピーターの多い治療法です。

エラ張り解消治療

エラ張り解消治療小顔治療ではエラの骨自体を削る手術がありますが、これは負担の大きい外科手術です。エラが張っていると感じている場合、骨ではなく咬筋というエラ部分に盛り上がった筋肉が原因になっているケースがかなりあります。特に、奥歯を強く噛みしめた時にエラが張り出すような感じがする場合には、咬筋がエラの印象に大きくかかわっていると考えられます。過剰に発達した咬筋がエラを張り出させている場合にはボトックス治療で小顔効果が期待できます。なお、ボトックスで咬筋の働きを抑制しても噛むために働く筋肉は他にも複数ありますので、違和感程度が数日残ることはありますが食事自体に大きな問題が起こることはありません。

小顔効果の実感について

小顔効果の実感について注射してすぐ効果を実感できるものではなく、ボトックスが筋肉を萎縮させることで徐々に効果が現れていきます。個人差がありますが、ボトックス注射によって咬筋は2~7日間かけて働きを弱めていきます。弱くなった咬筋がさらに1ヶ月~1ヶ月半かけて少しずつ萎縮していきます。これにより、徐々に小顔になっていきます。毎日見ているとすっきりした程度の実感ですが、写真を見比べるとその大きな違いに驚かれると思います。こうした穏やかに現れる効果から、周囲には「痩せてすっきりした」「あか抜けた」と自然な変化として受け止められることが多くなっています

小顔効果の持続期間

エラボトックスの効果は半年~1年程度で消えていきます。それにより、咬筋は元に戻ろうとしますが、元に比べて咬筋の働きが弱くなる傾向があります。これはボトックスの効果が現れている間に噛む際に使われる咬筋以外の筋肉が発達して咬筋にかかる負担が少なくなる癖が付くからです。噛みしめる癖がある場合には咬筋が元に戻りやすい傾向がありますが、そうでなければ2割から半分程度の効果が残るとされています。

高い効果を持続するための治療頻度

効果が薄れてきたタイミングでエラボトックスの注射を再度行うことで、咬筋萎縮の状態を保つことができます。適切な治療頻度で続けることですっきりした小顔を固定しやすくなり、効果を長く保ちやすくなります。

ボトックスビスタは認定医師のみが使えます

ボトックスビスタは認定医師のみが使えますボトックス治療は、A型ボツリヌス毒素製剤の取り扱い、治療の安全性と有効性、筋肉の解剖学的な知識、注射治療の手技など治療全般に関する深い知識と経験がある医師だけが行うことが可能です。医師の使用に関しても事前に講習や実技セミナーを受講して正しい知識や技術を身に付け、資格を取得することが義務付けられています。この資格がない医師はボトックス治療ができません。当院では資格を取得した院長が治療を行っています。

極細注射針34Gを導入しております

当院では患者様に出来るだけ不安なく安心して施術を受けていただけるように、注射時にほとんど痛くない世界初極細注射針34G JBP Nanoneedle(直径0.18mm)を導入しております。JBP Nanoneedleは針の外形が薄く、針の厚みが薄く、表面に摩擦抵抗が少なくなる処理を施しているため、注射針を刺した時の痛みと出血を軽減できます。当院ではこの痛くない注射針をご要望に応じてご使用できます。

料金

自費診療
両頬 1回(80単位) 50,000円(税抜)
極細注射針34G使用 無料

※当院では国内唯一の厚生労働省承認を受け、高品質で安全性の高いアラガン社製ボトックス(BOTOX VISTA®)のみを使用しております。
※治療は完全予約制です。

TEL:03-6429-7567
一番上に戻る